普通のサラリーマンからの脱却

投資を行う時に絶対に念頭に置いておきたい大事な事

株などの投資を行う時に、必ず覚えておきたいことがあります。

これをマスターできなければ、成り立ちません。

一つでも欠けると、成り立たなくなってしまい、いずれ崩れ落ちる可能性があります。
投資でうまくいかない人は、このいずれかが欠けている可能性があります。

それは何でしょうか。

自分の心理状態が健全であること

投資を行っている時の心理状態が、どんな状態であるかを自身が知っておく必要があります。

例えば、損失を出し続けたり、大きな損失を抱えている状態で、
なんとか取り戻さないとと思ったりしている状態は、
焦りなどがあり、正しい判断ができる状態ではありません。

心理状態が健全でなければ、自分の幻想に基づいて売買をし、必要な売買の機会を失います。

幻想は真実をねじ曲げ、トレーディングの成功の道を変えてしまいます。

成功するトレーダーは現実主義で、自分の能力と限界を熟知しているのです。

 

理にかなったトレーディングシステム

トレードを行うには、厳格な規律が重要になってきます。

マーケットは動くので、その動きに動揺されてはいけません。
場中に決定してはいけません。
トレードを計画し、その計画に従ってトレードする必要があります。

例えば、投資にはリスクが必ず付いてきます。

そのリスクに対し、1トレードにつき、許容可能な最大損失を設けておく必要があります。

損切といいますが、ポジションを持つ場合、損切ラインを決めた上でトレードしましょう。
その損切ラインは、どんな理由があっても必ず守りましょう。

幻想に走ってしまう場合、損切ライン以下になったとしても、塩漬けしてしまい、
手放すタイミングをうしなってしまいます。

 

良いマネーマネジメントプラン