普通のサラリーマンからの脱却

株を購入するときの銘柄の選び方!初心者向けに説明します!

これからを始めたいと思ったとき、
どんな銘柄を選定したら良いか悩みますよね。

私も株を始めた初心者の時、選び方が分からず、
何を基準にすれば良いか、わからず困った経験があります。
結局、分からないので、何となく良さそうというだけで選んでいました。

色々な本を見ると、ポイントが書いてありますが、必要そうな所がたくさん
あるように感じ、結局重要な点が分からず混乱してしまいます。

すべてを把握してトレードするのでは、いつまでたっても株が購入できず、
時間がかかりすぎるので、ある程度ポイントを押さえていたら
選び方がわかります

株を購入するからには、利益を出したいと思いますよね。
そのためには、これから成長する株を安く買いたいですね。

今回は、株を選ぶために最低限チェックしたいポイントをお伝えします。

会社の規模を時価総額でチェックしよう

 

時価総額とは:会社の企業価値を評価したものです

企業銘柄の時価総額は、「上場株式数×株価=時価総額」で求められます。

時価総額が高い会社ほど、企業価値が大きい(企業価値が高い)という事になります。

株価より、時価総額が幾らかが会社を判断するために必要で、
投資したいと思う会社の規模を、まずはチェックしましょう。

時価総額が大きい会社はしっかりしていて、わりと倒れにくいという長所があります。
しかし、成熟している会社なので、一気に何倍かの価値に上がる事は難しく、
じわじわ上がるというイメージです。

逆に小さい企業については、ベンチャーとして期待され、
うまく伸ばせば、数倍の価値に上がる事があります。
しかし、会社がまだしっかりしていないというイメージです。

ハイリスクリターンを狙うか、健全に配当を狙うかの違いになります。

基準としては、100億を超える会社は大企業、未満はベンチャーとして、私は分けています。

 

PERで割安株か割高株か確認しよう

PERは「株価収益率」と言って、割安株か割高株かを見極める指標になります。

PERの目安として、日経平均からいくと、12~15倍あたりが標準でしょう。

しかし注意が必要です。
PERが低い会社は、割安でお得とは限らないし、
高いからといって、割高とは言い切れません。

PERが低いという事は、業績が悪化している会社
の場合、購入すべきではありません。

逆に高いという事でも、更に伸びる可能性がある会社も存在します。

20倍や30倍といった会社でも、利益が何倍にもなるようであれば、
割安ですし、さらに高くなる事もあります。

その為、PERだけで判断することは控え、業績や将来性も検討する様にしましょう。

まとめ

 

  • 株を選ぶときは株価の数字にあまり意味はない
  • それより時価総額、PERが重要
  • 将来性や業績も合わせてチェックしよう

株を選ぶ時にまだ確認しておきたい点があり、決算書があります。
次回、決算書の何を見たら良いのか説明します。